タロットの歴史と豆知識

810_1

聞いたことがない方はさすがにいないと思いますがみなさんタロットと聞いて、どのようなイメージが思い浮かびますか?
私の場合は「絵柄が綺麗」「占い」「神秘的」「難しそう」などなどいろいろイメージがあると思います。
その中でも実際のカードの意味やカードに直接触ったことがある方は少ない方だと思いますし、私もそんな中の1人でした。
今回はそんな方でもわかるようにタロット占いについて基礎中の基礎知識をご紹介したいと思います。

タロットの構成について

タロットカードとは主に占いや遊びなどに使用されるカードのことで、78枚のカードを使用するのが、もっともポピュラーで伝統的な構成だとされております。
中身の構成は大アルカナ22枚と小アルカナ56枚、10枚の数札に分けられます。

そもそもアルカナってなに?

 《参照元:wikipedia,タロットカード意味解説辞典

アルカナの語源は元はラテン語でarcanum=アルカーヌムの複数形といった言葉で意味は「机の引き出し」といった意味でした。

同時に引き出しに「隠されたもの」といった比喩てきな表現に変化し最終的には今と同じような「神秘」や「秘密」などの意味を示すようになったそうです。そのアルカナと呼ばれるのも誕生した15世紀よりずっとあとで19世紀初め頃まではアルカナとは呼ばれずになぜかトランプ(切り札)と呼ばれていたらしいです。
タロットが占いとして認識されたのが18世紀頃だったそうなので随分と経ってからやっとアルカナと呼ばれたそうです。

私たち日本人にはトランプ(海外ではプレイングカード)として親しまれているものとタロットでのアルカナが昔は同じ名前だったなんて不思議な感じがしますね。
他の記事にてトランプの歴史について紹介しましたが今回の点を含めるとその2つが同じ名前の時期があったのでその時期は正直混乱しそうでめんどくさいですね(笑)

大アルカナ

 《参照元:wikipedia,タロットカード意味解説辞典

大アルカナとは78枚あるタロットカードの内、0から21の22枚の絵柄だけが描かれているカードのことを指します。
同じく0番から21番までにそれぞれ名前と番号が付いていて「愚者」は0番であり「はじまり」を意味します。
また大アルカナは、0番の「愚者」から始まることからフールズ・ストーリーとも呼ばれ1番の「魔術師」から最後の21番のカード「世界」まで旅をしてゆく成長ストーリーとして解釈されています。

◆順番と名前(意味)

ここで詳しく説明すると膨大になってしまいますので……(汗)
ざっくりとですがカードの名前と意味をご紹介いたします。

0:愚者…夢想・愚行・極端・熱狂

1:魔術師…意志・手腕・外交

2:女教皇…秘密・神秘・英知

3:女帝…実り・行動・月日の長さ・未知

4:皇帝…統治・堅固さ・防御・同盟

5:教皇…信条・社会性・恵みと有徳

6:恋人…魅力・愛美

7:戦車…援軍・摂理・勝利・復讐

8:力…力・勇気・寛大・名誉

9:隠者…深慮・忠告を受ける・崩壊

10:運命の輪…幸運・転機・向上

11:正義…平等・正しさ・正当な判決

12:吊るされた男…英知・慎重・試練・直観

13:死神…停止・損失・死と再生

14:節制…調整・中庸・倹約・管理

15:悪魔…暴力・激烈・宿命・黒魔術

16:塔…悲嘆・災難・不名誉・転落

17:星…希望と吉兆・瞑想・放棄

18:月…隠れた敵・幻想・欺瞞・失敗

19:太陽…物質的な幸福・幸運な結婚

20:審判…復活・位置の変化・更新

21:世界…完成・約束された成功・旅

wikipedia:大アルカナ

 ちなみにカードの枚数と同じなことから、旧約聖書の創世記に登場する生命の樹をモチーフにした図『セフィロト』やヘブライ文字と関連性が一部で囁かれております。

 小アルカナ

タロットカード 小アルカナの意味|無料のタロット占い Tarot.com Japan
小アルカナは、決して「小さい」ことはありません。クラシックなタロットデッキは、大アルカナ(22枚)と小アルカナ(56枚)の78枚のタロットカードで構成されていま…

《参照元:Tarot.com,wikipedia,manabi

小アルカナとは1~10までの数札+従者・騎士・女王・王の意味を持つコートカード×4種類のスートと呼ばれる組の計56枚で構成されています。
残念なことに小アルカナは大アルカナと違い数が多く今回の記事では紹介しきれない為、その中でもカードの分類である4スートとコートカードについてご紹介させて頂きます。

◆4種類のスートとは?

《参照元:Lyrical Cards,wikipedia,i無料占い

スート(杖・剣・杯・硬貨)とは私たちの感情、行動を意味し表現されると言われています。

それぞれのスートは14枚のカードで成立しており、エース(1番)から始まり、2番~10番の数札は、あなたの過去、現在、未来に起こった出来事、あなたが直面するかもしれない障害、あなたが感じるかもしれない恐怖、あるいは、あなたへの助言を示しています。

それぞれのスートは、総合的なテーマを表現しており、杯は「感情」、硬貨は「物質の価値」、剣は「挑戦」、杖は「行動」を象徴しています。

一般的に、小アルカナのカードは人々の日々の暮らし、生活から影響される心の浮き沈みを表しています。大アルカナが人生の大きなターニングポイントを示唆するのに対し、小アルカナのカードは日常的な小さな決断を手助けするための、細やかな洞察を表現しているのです。

Tarot.com

・硬貨のスート…ディスクやコインとも呼ばれて、物質や身体的な世界を示しています。
・杯のスート…私たちの感情、つながり、心の問題を象徴しています。
・剣のスート…衝突や対立を最も連想させるスートです。
・杖のスート…エネルギーの誕生、成長、そして新しい始まりを表しています。

◆コートガードとは?

小アルカナの中には同時にコートカード(人物カード・宮廷カード)が16枚あります。

4枚の人物札:従者、騎士、女王、王は、あなたの人生に登場する人々を象徴することが多く、あなた自身を表すこともあります。

Tarot.com

コートカードのキャラクター性については以下の通り。

・王…経験豊富な落ち着いた大人の男性。しっかりした考えを持っている。
・女王…大人の女性。
・騎士…若めの男性。勢いがあって少し青臭い。
・従者…子ども。一番若い。

まとめ

ここまでご紹介してきましたのは、タロットの中でも最初に覚えておきたい基本になります。
最初にこれを全部覚えるのはさすがに難しいと思いますし私も無理でした(笑)

私の場合はタロットの名前は知っているけど大アルカナ?小アルカナ??
というところからでしたので興味を持ってここまで読んで頂いたみなさんよりぜんぜんな状況でした(汗)
そんな私でもまずは!と思い興味のある部分からと思いたちました。

タロットの中でも『愚者』の成長ストーリーというフレーズが気になったのでフールズ・ストーリーを最初は少しずつ調べていったぐらいです!
私のようなタロットを気になっているけど難しそうでちょっと……といった方も少なからずいらっしゃると思います。
そんな方でも気になるところを少しずつ調べてみると私のようにタロットにどんどん興味がわいてくるかと思いますよ。