誕生日占いについて

822_1

占いというのは洋の東西を問わず、世界中の国で太古から使われてきました。人は人生のいろんな岐路において迷います。
自分の能力で進むべき道を切り開かねばならないにせよ、その進むべき道を指し示してくれる道しるべを求めるものです。
そんな時に占いは人の人生を左右する道しるべとして利用され、多くの人々にその活路を開くきっかけとなってきました、今回はそんな占いの中で、どんな人にも当てはまる誕生日に関する占いについてご紹介します。

誕生日占いとは?

占いは大きく分けて命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)、霊(れい)の4種類に分類されます。
このうち命と相の占いは学問として誰でも学べますが、卜や霊に関する占いの精度はその占い師が持つスピリチュアルパワーにより大きく変わるものです。そんな占いの中で、その人が生まれ持った運命や宿命などに関して運勢をみる「誕生日占い」に関しては命によって占術に分類されます。

誕生日は、自分で選べるものではなく、全ての人は産まれた時からそれが決まっています。しかし人は持って生まれた運命や運勢、あるいは未来へ続く運気の上下について知っておくことで、人生は好転させ得ることができます。

誕生日でその人の性格がわかる?

《参照元:Higher Perspective》

そんな誕生日の数字に隠された占いは数秘術と呼ばれますが、そんな誕生日数秘術占いの一つを今回ご紹介します。占いの方法は簡単なので電卓を使って計算してみてください。

例えば、1965年3月29日生まれの場合ですが、

①まず最初に生まれた年に月と日を足します。(1965+3+29=1997)
②次に合計した数をばらばらにして1桁づつ足します。(1+9+9+7=26)
③最後に②で出た数字を分けて1桁づつ足します。(2+6=8)※3番の目の計算の時点で10などになった場合は1+0=1が占う数字になります。

例題の人は「8」が当てはまります。

以上で導き出される結果ですが、以下のようになります。

1.【アイディアマン】常に新しいことを発信しつつ、自分に正直に生きる誠実な人です。しかし、そのような態度が時として傲慢ととられる場合もあるので注意が必要です。

2.【平和主義者】自分より他人の事を優先する思いやりがあります。それでいて寂しがり屋でシャイな側面のある心優しい人です。

3.【お祭り好き】社交的な人気者で、非現実的な発想が出来ます。現場指揮の出来るクリエーター的な仕事が向いているかも知れません。

4.【保守的】非常に勤勉な人で、実直な人ですが、周囲から頑固ともとられるので、幾分、融通が必要かも知れません。

5.【パイオニア】自分のスタイルを貫く先駆者ですが、そんな姿勢からか周囲人との付き合いが苦手なタイプかもしれません。

6.【ロマンチスト】常に幸せでいたい家族思いで仲間に誠実な人です。だけど少し真面目すぎる傾向があり、周囲の人からは融通がきかないと思われるようなので注意してください。

7.【インテリ】論理的かつ冷静な人で、秘密主義者でもあります。周囲の人に誤解されないようにしてください。

8.【大物】仕事に誇りをもっている人ですが、権力に流されるところがあるようです。いろんなところでの気配りが大事です。

9.【エンターテイナー】自己犠牲タイプです。他人の意見を重視しすぎて、自分の意見が言えないことがあるようなのでもっと積極的に自分を表現した方が良いかも知れません。

まとめ

いかがです。
それぞれのタイプがご自分に当てはまりますか?
誕生日占いといっても、星座、四柱推命その他いろんなレパートリーを組み合わせることにより、あなた自身の性格や資質だけでなく周囲の人等との相性や、意中の人との巡り合いなどいろんなことが占えます。
そんなことを考えていろんな占いを楽しんでもらえたらと思います。